過酷に耐える強さと機能。
進化したマッドレジスト。

カーボン素材を採用した 新構造の開発により、
過酷な環境での使用に応える 耐衝撃・防塵・防泥性能を実現。
センサー機能や スマートフォン連携機能を搭載し、
様々な状況下における、 的確な判断と行動をサポート。
極限を生き抜く強さと 機能を身につけた タフネスウオッチ。

Lineup

Features

製品特長

カーボンコアガード構造

カーボンコアガード構造

高強度かつ耐候性に優れたカーボンファイバー強化樹脂製ケースでモジュールを保護する新たな耐衝撃構造を開発。ケースの強度向上により、ボタンガードのない外装デザインを実現。

マッドレジスト構造 (防塵・防泥)

マッドレジスト構造 (防塵・防泥)

カーボン素材でケースの剛性を高め、衝撃などによる破損、変形を抑制することで高い気密性を確保。さらに、泥の侵入を防ぐフィルターを装備し、過酷な環境に耐える防塵・防泥性能を実現。

カーボンファイバーインサートベゼル

カーボンファイバー インサートベゼル

ファインレジンにカーボンファイバーシートをインサートした3層構造を採用。最上層のファインレジンを透明にすることで、カーボンの素材感が見えるベゼルに仕上げた。

カーボンファイバーインサートベゼル
グラスファイバー強化樹脂バックカバー

グラスファイバー 強化樹脂バックカバー

気密性を保持するパネルバックの上に、衝撃に強いグラスファイバー強化樹脂製のバックカバーを装備。ガソリン携行缶を模したタフなデザインに仕上げた。

Technology /
Design

テクノロジー & デザイン

スーパーイルミネーター (高輝度なフルオートダブルLEDライト)

スーパーイルミネーター (高輝度なフルオートダブルLEDライト)

高輝度な光で文字板と液晶を照らし、暗所での視認性を確保。

トリプルセンサー+ 加速度センサー

トリプルセンサー+ 加速度センサー

方位、高度/気圧、温度計測が可能な小型センサーに加え、歩数計測が可能な加速度センサーを内蔵し、4(クワッド)センサーを実現。自然環境の変化や活動履歴の把握を容易にし、陸上ミッションをサポートする。

Application

※ アプリケーション画面は全て開発段階のため、 最終仕様と異なる可能性がございます。

G-SHOCK ConnectedG-SHOCK Connected
G-SHOCK ConnectedFREE
G-SHOCK 専用アプリ

Download on the App Store
Get it on Google Play

主な機能

■ ミッションログ機能

時計で取得した高度とスマートフォンのGPSで取得した経路をアプリに自動記録。高度ポイントを軌跡上にプロット。

■ 消費カロリー表示

高度+歩数計測値から、昇降要素を加味した消費カロリーを算出し、活動ログとして記録。

■ ロケーションインジケーター

時計のボタン操作で現在地をアプリ上に記録。記録地点までの方位を秒針、距離を液晶で表示。

■ モード/表示切替カスタマイズ

アプリ上でモードのON/OFFや表示切替の設定が可能。用途にあわせて、必要な機能のみ使用、表示の順番を変更するなどのカスタマイズが可能。

■ 自動高度補正

スマートフォンのGPSで取得した位置情報をもとに、高度計測値を自動補正。

■ 自動時刻修正

■ ワールドタイム都市設定(300都市以上)

■ ホームタイム / ワールドタイム表示入替

■ サマータイム / タイムゾーン情報自動更新

■ タイマー・アラーム設定

■ 携帯電話探索

  • ※ GPS情報が原理的に誤差を含んでいるため、実際の標高と一致しない場合があります。

対応携帯電話(2019年1月現在)

  • iOS: iOS 10以上
  • Android: Android 6.0以上
  • ※ Bluetoothが搭載されている端末に限ります。
  • ※ Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
  • ※ Apple、Apple ロゴ、およびiPhone は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App StoreはApple Inc. のサービスマークです。
  • ※ IOSは米国シスコの商標または登録商標です。
  • ※ Android およびその他のマークは、Google LLCの商標です。
  • ※ その他の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 電波法の適合または認証を取得している国、地域 (英語)
  • ※ スマートフォンリンク機能に関しては、携帯電話本体の仕様及び使用する国の通信事業者のサービスに依存するものであり、個々に異なります。