Fashoin/Art:G-SHOCK Culture in New York



NYメッセンジャーが送る、仲間達との“Tough”な週末

ニューヨークの中でも指折りのメッセンジャー、ジョーイ・クリルズ。今回は、彼が主催するバイクコミュニティー「GRIME」の仲間達と週末を謳歌する姿にスポット当てる。
ここで紹介する映像は、ジョーイのルームメイトの一人、ランスが手掛けるバイクフレーム「SQUARE BUILT」のアトリエの模様。ここは週末になると「GRIME」のメンバーが集まり、彼らの秘密基地と化すのだ。やることといえば、ランスに造ってもらうバイクフレームについて試行錯誤を繰り返したり、カメラに収めたバイクの映像を編集したり、自分たちで立ち上げたファッションブランド「GRIME」のアイデアを出し合ったりと様々。もちろん、自分の“マイバイク”の手入れも忘れない。メンテナンスが済んだら、そのまま みんなでフリーライドに出発。ジョーイはまるで初めて自転車に乗る子どものように、縦横無尽にニューヨークの街を駆け巡っていた。−−ムービーを見る
また、スライドショーでは、ジョーイを始めとした「GRIME」のメンバーをスナップ。メッセンジャー&バイカーのスナップだけあって、彼らの傍らには愛情をかけてメンテナンスした“マイバイク”も写し出されている。普通のファッションスナップとは異なり、ニューヨークのリアルな姿がここにはあるといってもいいだろう。ちなみに、彼らがここで着ているTシャツは、すべてファッションブランド「GRIME」のもの。そう、これはランスのアトリエで生まれた、彼ら自身が制作したアイテムである。――スライドショーを見る