NEW FROGMAN GWF-D1000

DESIGN / QUALITYデザイン / クオリティのご紹介

過酷な状況下における
視認性、操作性を追求。

ディテールクオリティ

非晶質カーボン硬質膜で素材表面を硬化するDLC処理でメタルケースの耐摩耗性を強化。さらに、機能表記を刻んだケース天面にザラツ研磨を施し、美しい平滑面を創出。

アシンメトリーデザイン

手の甲への干渉を避けるため、左右非対称のケースデザインを採用。初代モデルから続くアイコンデザインを継承した。

大型異型鍛造ボタン

潜水中の使用を想定し、ライトボタン、コンパスボタンを操作しやすい右側にレイアウト。グローブ装着時の操作性を考慮し、左右で異なる形状の大型デザインを採用するとともに、滑り止め加工を施した。

カーボンファイバーインサートバンド

引張耐久力に優れたカーボンファイバーを樹脂にインサートし、強靭なバンド構造を実現。ウエットスーツ着用時の使用を想定し、バンドの長さを長くしている。

サファイアガラス

風防に、高水圧に耐える2.8mm厚のサファイアを使用。タフで傷に強く、水中でのハードな使用に応えるうえ、透明度が高く、クリアな視界で文字板の視認性を確保する。

DLCコーティングケース&バック

ケース、裏蓋にDLC処理を施し、さらなるタフを追求。裏蓋にはヘルメットとサーチライトを備えた潜水蛙を刻印。

開発ストーリーデザイン編

装い新たに、7年ぶりに登場。
新生FROGMANに秘められた必然のデザイン。