GPSハイブリッド
電波ソーラー

MTG-G1000D

  • ※ カシオ独自のソーラー充電システムで駆動し、GPS(Global Positioning System:汎世界測位【全地球航空測位】システム)による位置の測定、または電波により時刻を修正する機能です。

洗錬のタフネス。

重厚なメタルを纏いながら、軽快であること。
強さと美しさの融合を、スマートに昇華すること。
メタルの輝きと革新的な構造が、G-SHOCKの世界を塗り替える。

FEATURES

世界中で
正しい時刻を刻む。

GPSハイブリッド電波ソーラー詳しく見る

GPS衛星電波受信
  • ・GPS衛星から現在地の位置・時刻情報を取得
  • ・位置情報からタイムゾーンを自動解析
  • ・サマータイムの有無を自動判断
標準電波受信
  • ・屋内でも屋外でも電波受信に対応
    ※窓の近くなど、電波の受信しやすい環境
  • ・夜間自動受信で、正確な時刻表示をキープ
  • ・より少ない消費電力での受信が可能
さらに詳しく見る
GPS衛星電波受信+標準電波受信

地球上のどのタイムゾーンにいてもGPS衛星電波を受信し、現在地の正しい時刻を取得。
さらに、屋内や悪天候など衛星電波を受信できない環境でも標準電波を受信し、時刻修正する世界初のハイブリッドシステムで、電波受信はもう屋内・屋外を問わない。

  • ※2015年8月現在、カシオ調べ。
独自のGPSアルゴリズム

GPS衛星から位置情報を受信する際、地球全域を約500m単位でグリッド化した高分解能の地図データを用いることで、より正確な現在地の特定を実現。さらに、同一のタイムゾーン、サマータイムルールを適用しているエリアをグルーピングする可変データ方式の解析方法を用いることで、高速かつ精度の高い時差設定を可能にした。

自動時刻受信

標準電波エリアでは、毎深夜(最大6回)自動で受信。
エリア外では、GPS衛星電波を最大1日1回自動受信し、時刻を修正する。

マルチバンド6

世界6局の標準電波を受信。日本(2局)、北米、イギリス、ドイツ、中国の世界6局の標準電波を受信し、時刻を自動修正。

生まれ変わった
メタル外装。

新コアガード構造詳しく見る

ベゼルとラグ一体型の裏蓋を、六角ビスで強固に連結。強靱な鍛造パーツでメタルフレームを形成しインナーケースを保護する。さらに、サスペンション効果のあるファインレジン製のショックアブソーバーをベゼルとケースの間に装備。モジュールの周囲に実装したαGEL®とともに、優れた衝撃緩和力を実現。

タフの進化を支える
先進のテクノロジー

トリプルGレジスト詳しく見る

ケース構造はもちろん、重量バランスを最適化した針形状、振動吸収材としてαGELを内装するなど、さらなるタフネスの追求により、衝撃力、遠心重力、振動に耐えるタフネス構造を実現。

Challenge the limit

Challenge the limit

PRODUCTS

GPSハイブリッド電波ソーラー

MTG-G1000D-1A2

¥160,000+税

GPSハイブリッド電波ソーラー

MTG-G1000D-1A

¥160,000+税

  • ・GPS 衛星電波受信
  • ・標準電波受信(世界6局)
  • ・コアガード構造
  • ・トリプルGレジスト
    (耐衝撃・耐遠心重力・耐振動の3つの重力加速度に耐える独自の構造)
  • ・タフソーラー
  • ・レイヤーコンポジットバンド
  • ・20気圧防水
  • ・サイズ:
    58.8×54.7×16.9mm
  • ・質量:
    198g

Videos

  • ミュージアム

  • TV CF

「GPSハイブリッド電波ソーラー」機能を搭載した

G-SHOCK

製品一覧