G-SHOCK BURTON

1983年の誕生以来、タフネスを追求し進化を続ける「G-SHOCK」と、世界中のトップスノーボーダーから絶大なる支持を受ける「BURTON」とのコラボレーションモデルが登場。今回で第2弾となる本作。過酷な大自然の雪山を滑走するバックカントリーでの使用を想定し、高い操作性とトリプルセンサーを搭載した「RANGEMAN(GW-9400)」が今作のベースモデル。バンドにはスノーカモフラージュを採用。また、切れにくく強靭なカーボンファイバーインサートバンドにより、過酷なライディングにも耐えるタフな仕様にするなど、モデル全体で雄大な大自然の雪山を表現。スノーボードの魅力をワールドワイドに発信し続けるBURTONと、タフネスの飽くなき追求というG-SHOCKのブランドコンセプトが融合したスペシャルコラボレーションがここに実現です。

平岡卓
- Taku Hiraoka -

1995年生まれ。奈良県出身。モーグルスキー選手であった父の影響で、スキーを3歳で始める。
小学1年生の頃、家族全員でスノーボードに初挑戦し、翌年には初出場したJSBA西日本選手権で優勝。
その後も数々の大会で上位成績を残し、12歳にしてプロに昇格。これは当時の史上最年少記録を樹立。
物静かな性格からはとても考えられない大胆な空中技と大人顔負けのエアーの高さを武器に、 FISジュニア世界選手権で優勝、14歳で世界の頂点に立つ。
2012年世界選手権で2位、ワールドカップ(ロシア大会)で優勝。 難易度の高い「タブルコーク」(縦2回転横3回転の技)で世界を転戦中。
ソチ冬季オリンピックでは銅メダルを獲得。2014年3月のUSオープンで準優勝し、ツアー年間チャンピオンに輝いた。次回2018年の平昌(韓国)オリンピックでは金メダルを目指す。
BURTONのチームライダーであり、TEAM G-SHOCKに所属。

PRODUCTS

NEW

12月発売予定


GW-9400BTJ-8JR

¥55,000+税

主な仕様について

BURTON

アメリカ合衆国バーモント州に本拠を構え、世界中のボーダーから支持されているスノーボードメーカーブランド。1977年、ジェイクバートンによって設立。以来38年間、リーディングブランドとしてスノーボード界を牽引している。トップレベルのスノーボーダーを集めたチームを結成し、トリノオリンピック男子ハーフパイプ金メダリストのショーン・ホワイトや平岡卓らが所属している。