G-SHOCK PRESENTS SHOCK THE WORLD TOUR 2012 REAL TOUGHNESS

2012.12.08(SAT) ROPPONGI HILLS ARENA
12月8日六本木ヒルズアリーナにて開催決定!BMX,DANCE,SKATEBOARDの頂上決戦。国内外の選ばれた競技者たちがイルミネーション輝く師走の東京・六本木に集う。90’Sのレジェンドが放つHIPHOPミュージック。バトルサウンドもショーケースも見逃せない。真のタフネスはいったい誰だ!

SPECIAL

G-SHOCK ART CLASH

レゲエを語る上で欠かすことの出来ないサウンド・クラッシュ。それぞれのクルーが自慢のサウンドシステムを使って音楽と言葉で闘い、最もオーディエンスを沸かせたチームが勝者となるエンターテイメントバトル。G-SHOCK ART CLASHでは、レゲエのSelector、DJ、MC、そして、圧倒的なベース・ミュージックをARTに置き換えることで、今までにないARTバトルを繰り広げる。
キャンバスとなるのは今企画のために製作された本物さながらのサウンドシステム型ART BOX。名古屋、札幌、大阪、仙台、福岡のアーティストたちが「TOUGHNESS」をテーマにサウンドシステムにペイントしファイナルの東京大会にて勝者が決定する!!

NAGOYA PAINTED BY ESPY

名古屋を代表するアーティスト集団EDCの一員であるESPY ONE。
キャラクターを得意とするグラフィティライター。
-ESPY ONE OFFICIAL WEB SITE-エスパイワンオフィシャルウエブサイト

SAPPORO PAINTED BY DKC

1971年札幌に生まれ旭川でスノーボードに出会い、プロになったりやめたりして、 現在はNorthern Graphics Sapporo <Love&Peace支店>にてグラフィックデザイン、物創り、ヨコノリ普及活動、サボり等で生計を立て中。TOYOTA BIG AIRメインビジュアルやUNIT mfg.、dath label等スノーボードグラフィック担当。TV番組no matter boardオープニング、into infinityやmagical camp、THE BEGINNING 等札幌近郊イベントでのライブペイントでも活動中。
king-garage-magazine
:: horizon the art get into ::

SAPPORO PAINTED BY MON a.k.a. Koutaro Ooyama

1979年、奈良県出身。ライブペイントパフォーマンス、壁画制作を軸に、インスタレーション、キャンバス作品等を発表。紋様を軸に様々な要素を組み込んだ作風が特徴的で、特にネイティブジャパニーズ・アイヌと、ネイティブアメリカン・ハイダから強く影響を受けている。一部屋丸ごと描き、古代の寺院から引用した極彩色パターンとLEDライトの組み合わせにより展開する壁画シリーズ「NEXTEFX」では、ハレーションと光の考察、壁画による空間の操作を実験し、パーティシーンから受けた感覚を昇華している。ライブペイントチーム「DOPPEL」での活動、Yabugarashi名義での音楽制作、そして、Gallery&Creative Studio 「SPES-LaB」を主催し、「TRY&ERROR」をプロデュースする等、活動は多岐に渡る。これまでに、愛知万博に出場(2005年)、ISSEY MIYAKE Inc. / ELLTOB TEP @Osakaとのコラボ(2008年)、NIXON ART MOSH JAPANに参加し(2011年)、日本各地はもちろん、Portland, L.A. San Francisco, Miami, Bombay, Mongolia等で壁画やパフォーマンスを多数提供している。
VVV

SENDAI PAINTED BY SYUNOVEN

1980年福島県會津若松出身。仙台在住。ペインター。スケートボードやHIPHOPカルチャーの自由で刹那的な思考と内在するコスモロジーの神秘を漂わす画風で描き現す。2009年SHINGANIST SHOWCASE TOURに参加。サンフランシスコ、ロンドン、東京の3都市でグループショーを行い、同プロジェクトの画集もリリースされる等、精力的に活動。
SYUNOVEN

FUKUOKA PAINTED BY POPYOIL

奄美群島 徳之島出身。福岡在住。‘OILWORKS’の目。
ディープで繊細で前衛的で少し狂ったような作風は、CDやレコードジャケット、ロゴやポスター、M.VやWEB、アーティストやプロダクトなどに相対するアートとなって多数のデザインを手掛ける。
PPY
OILWORKS

Supported by