30th ANNIVERSARY REAL TOUGHNESS 2013

SKATEBOARD PRO SHOP BATTLEプロショップ バトル

WINNER!

VHS MAG
SELECTED


PROFILE

初戦は7月に湘南で開催されたPro Shop Battleで見事優勝を飾ったMurasaki Sports(桑本透伍、豊岡航生、才 哲治)と、アメリカはフィラデルフィアのスケートシーンを長年支え続けてきたNocturnal(カイル・ニコルソン、ダン・ヘトリック、ネイト・ラコステ)。Murasaki Sportsは前回に続き、才の貫禄ある滑り、豊岡の変幻自在なトリックセレクション、そして桑本のハイエアーのヴァリエーションでチームワークのとれた滑りを披露。対するNocturnalは、カイルが不良っぽいアグレッシブなスタイル、ダンがベーシックトリック、そしてネイトが安定感のあるスキルフルな滑りで交戦。結果は才、豊岡、桑本のハイレベルなスケーティングがNocturnalをねじ伏せ、Murasaki Sportsが決勝進出を果たした。

第2回戦は国内外のスケートシーンを網羅するオンラインスケートメディアのVHSMAG選抜チーム(伊藤慎一、西川 誠、ショー・ウエスト)と、サンフランシスコの老舗スケートショップのFTC(ベン・ゴア、キーガン・サウダー、JB・ジレット)。VHSMAG選抜チームは伊藤が難度の高いコーピングトリック、西川がハイスピードなオールドトリック、そしてウエストがスタイリッシュかつアグレッシブなハイオーリーのヴァリエーションで会場を沸かせた。対するFTCはストリートスケーターらしいベンの滑り、キーガンの個性的かつ敢えてユーモラスなスタイル、そしてJBが洒落たトリックセレクションを披露。結果は日本人スケーター3名の勢いがFTCを上回り、VHSMAG選抜チームが決勝へと駒を進めた。

決勝はまさかの日本人スケーターたちによるバトルとなった。Murasaki Sportsはまず才が観客席から見事ドロップをメイクして会場を沸かせる。豊岡はエアウォークをはじめとするユニークなトリックを決めた。同ショップのトリを飾る桑本はハイエアーを次々と決め、プラットホーム上のフェンス越えを狙うもメイクならず。対するVHSMAG選抜チームは、伊藤がノーズブラントといったハイレベルなコーピングトリックを見せ、西川が準決勝に続きハイスピードなクレイルスナッチャーやフェンスでのボーンレスフェイキーなどを披露。ウエストも空中戦で独特のスタイルを見せた。結果はVHSMAG選抜チームがまさかの優勝を飾り、賞金を手中に収めた。