30th ANNIVERSARY

REAL TOUGHNESS 2013 SHONAN in 湘南オープン[観戦無料] 鵠沼海浜公園スケートパーク(神奈川県藤沢市)

7/13(SAT) OPEN 13:00 / CLOSE 18:00 7/14(SUN) OPEN 13:00 / CLOSE 18:00

SKATEBOARD PROSHOP BATTLE

新しく加わったREAL TOUGHNESSの新コンテンツ。
日本を代表する8つのプロショップのサポートライダー3名が代表となり、ミニランプでしのぎを削るPROSHOP BATTLE。
出場ショップは仙台からBridge、群馬からTrickstar、東京からArktzとAzure、神奈川からUnown、愛知からHunters Point、滋賀からHuckle Berry、そしてMurasaki Sports。
日本屈指のトランジションスキルを誇る24名のスケーターたちが、ミニランプで対戦する。
ルールは各ショップのライダーが交互に出走し、それぞれ3名のスケーティングを総合的にジャッジするというもの。持ち時間ははじめの2名が30秒ずつ、そしてアンカーが1分。ちなみに決勝は全員の持ち時間が1分となる。

WINNER!

Murasaki
Sports


PROFILE

REAL TOUGHNESS SHONANで初めて行われたSKATEBOARD PROSHOP BATTLEの頂点に輝いたのは、Murasaki Sports。20万円の賞金と、国内No. 1の称号を手中に収めた。

BATTLE1
Bridge vs. Huckle Berry

初戦はアグレッシブかつセンスあふれるスケーティングに定評のあるBridge(日野 誠、西川 誠、丸山 晋太郎)と、巨大なインドアパークを所有する滋賀のHuckle Berry(柴田 聡、中川 大成、吉田 昌宏)。Bridgeの日野誠はセンスあふれる繊細なトリック、西川誠はフットプラントのバリエーション、そして丸山晋太郎はアグレッシブなスケーティングを見せた。
対してHuckle Berryの柴田聡は確実なスケーティング、中川大成が貫禄のあるハイレベルなトリック、そして吉田昌宏がハイエアーで交戦。
30秒という限られた持ち時間に苦しんだ結果となり、優勝候補とされたBridgeが、まさかの初戦敗退となった。

BATTLE2
Azure vs. Trickstar

第2戦目はストリートからトランジションまで幅広い対応力を持つAzure(船登 晃、山崎 祥太、朝比奈 和宏)と、国内最大と謳われるインドアスケートパークを所有するTrickstar(デビル 増田、小室 雄志、寺内 カエデ)。
Azureはストリートスケーターらしいトリックセレクションが目立つスケーティング。船登晃のブラントバリエーション、山崎祥太のリップトリック、朝比奈和宏のテクニカルトリック。
対するTrickstarは、さすがインドアパークを所有するだけあり、トランジションのスキルもハイレベル。まだ中学生という寺内カエデはメイク率の高さ、デビル増田はアグレッシブなスタイル、小室雄志はベテランの貫禄を見せつける。Azureの船登晃がブラントからのフリップアウトという高度なトリックを見せるも、総合的に完成度の高いTrickstarに軍配が上がった。

BATTLE3
Murasaki Sports vs. Arktz

第3戦目はスーパーハイレベルな戦いが予想された。Murasaki Sports全店から選出された連合チーム(桑本 透伍、豊岡 航生、才 哲治)と、東京を代表するArktz(米坂 淳之介、荒畑 潤一、砂川 元気)。 Murasaki Sportsの豊岡航生は、変幻自在なトリックで攻め、沖縄から駆けつけた才哲治は、独創的なトリックセレクション、そして桑本透伍はコーピングを遥か高くぶっ飛ぶエアーを連続で決めて、会場を沸かせる。
そしてArktzは、日本のスケートシーンを築いたといっても過言ではない米坂淳之介が貫禄を見せ、荒畑潤一がフリップトリックを駆使し、砂川元気がオリジナリティあふれるスケーティングを披露。
桑本透伍の完成されたエアー、そして他2名のランのメイク率の高さにより、Murasaki Sportsが準決勝へと駒を進めた。

BATTLE4
Hunters Point vs. Unown

第4戦目は愛知県のHunters Point(重藤 悠樹、加藤 大輔、牧野 雄太)と、地元神奈川からエントリーのUnown(三本木 心、座間 翔吾、廣瀬 悠希)。
Hunters Pointの重藤悠樹は、エクステンションをハンドプラント、ブラントやマドンナで果敢に攻め、加藤は確実に持ち技をメイク、牧野雄太は、公開練習中に負傷するもパンクロックスタイルを遺憾なく披露。
対して地元Unownは弱冠16歳のアップカマー座間翔吾が、若さあふれるスケーティングを見せるも、廣瀬悠希は実力を出しきれず、三本木心がトランジションマスターならではの妙技を見せた。三本木心がトランジションで見せたBsノーズブラントが、おそらく本バトルのベストトリックだが、総合的にHunters Pointが勝利を飾った。

BATTLE1
Huckle Berry vs. Trickstar

お互いインドアパークを所有するショップとあり、ハイレベルなバトルとなった。両チームとも持ち技をすべて出し切り、メイク率とタフネスを考慮して勝敗が決められた。
結果、決勝へと駒を進めたのはHuckle Berry。中川大成の完成されたインバートのバリエーション、そして空中でツイークして素晴らしいシルエットを作った吉田昌宏のビッグエアーに観客から大きな歓声が沸き起こった。

BATTLE2
Murasaki Sports vs. Hunters Point

このバトルのハイライトは、やはりMurasaki Sportsの桑本透伍と、Hunters Pointの重藤悠樹のハイレベルなスケーティング。桑本透伍は、初戦で見せたハイエアーのバリエーションの数々を確実にメイク。対する重藤悠樹も、エクステンションを果敢に攻め立てる。タイムアップ後にフロントブラントにチャレンジするも、メイクならず。
決勝へはMurasaki Sportsが進出する結果となった。

Huckle Berry vs. Murasaki Sports

Huckle Berryは、柴田聡がリップトリックからエアーまで、オールラウンドな攻めを見せる。続く中川大成はタックニー、サッドプラント、エッグプラントとインバート三昧。そして吉田昌宏はフロントエアー、ステールフィッシュ、ワンフットなど持ち前の高さのあるエアーバリエーションを繰り出し、Huckle Berryの魅力である、どっしりとした安定感、そしてトリックの完成度の高さを見せつける。
対するMurasaki Sportsは、才哲治が独特のトリックセレクションを見せ、ランの最後にフェンスからボーンレスインを果敢にトライするもメイクならず。次いで豊岡航生が、スタイリッシュなフロントオーリーやハードフリップと何度の高いトリックを次々とメイク。さらにアンカーの桑本透伍が、変わらず高すぎるエアーのバリエーションで会場を熱狂の渦に巻き込み、才哲治がメイクできなかったフェンスからのボーンレスインを見事メイク。Murasaki Sportsはチームとしての一体感が感じられる展開だった。