30th ANNIVERSARY

REAL TOUGHNESS 2013 SHONAN in 湘南オープン[観戦無料] 鵠沼海浜公園スケートパーク(神奈川県藤沢市)

7/13(SAT) OPEN 13:00 / CLOSE 18:00 7/14(SUN) OPEN 13:00 / CLOSE 18:00

BMX STREET JAM

会場内に特設された、バート、レール、スパイン、ボックス、ウォールなどを備えたパークセクションで行うBMXストリートバトル。ライダーたちは、タフなグラインド、エア・スピンなどスキルを競う。
今回は、12名のライダーが全国から集結し、出場。ライダーが次々とコースに入るジャムセッションは迫力満点。

WINNER!

比嘉 勝太


PROFILE

REAL TOUGHNESS SHONANではいずれも国内では突出ライダーが集結した中、比嘉勝太が他者を引きつける展開をマネジメントした結果、チャンピオンの座をゲットした。

BATTLE1
松本 謙 vs. 東 修平 vs. 岡 紘希

REAL TOUGHNESS TOKYOの2年連続ディフェンディングチャンプの松本謙。
対して、オーストラリアシーンにも親しい東修平と、鵠沼や横浜エリアを代表する岡紘希が、初チャレンジする形となった本グループ。場慣れする松本謙が抜群の安定感とスピードで魅せる中、引け目を感じさせないふたりのトライ。それも高いレベルで喰い付くふたりだったが、高次元でまとめる松本謙が納得の決勝進出を決める。

BATTLE2
勅使河原 大地 vs. 村田 怜人 vs. 高橋 洋平

2012年末のREAL TOUGHNESS TOKYOにて、魅力を余すこと無く発揮したサラブレッドライダーの勅使河原大地。しかし、REAL TOUGHNESS SHONANでは、早々にバイクトラブルによってライディング中断を余儀なくする。名人の異名を持つ高橋洋平は、職人的なタッチを感じるバイクコントロールをみせるが、緊張が隠せなかった。
終盤に勅使河原大地が復帰するも、手堅いグラインドトリックを冷静にこなす京都の村田怜人が、決勝に進出。本領を発揮することができず悔しさをおさえるダイチが印象的なグループとなった。

BATTLE3
米田 大輔 vs. 彼末 崚 vs. 南 悠麻

いずれもREAL TOUGHNESS初出場となる3名。とはいえ、各ライダーとも笑顔の絶えないリラックスしたグループとなった。鵠沼代表の米田大輔が得意のエアトリックを披露すると、名古屋の彼末崚は抜群のテクニックで観客を感嘆させる。
一方、物腰と同様に身のこなしもソフトな南悠麻が、バランス必須のカーブトリックに加え抜群のハイエアをミックスさせたルーティンでひとつ抜きに出て一勝。

BATTLE4
比嘉 勝太 vs. 高尾 昂 vs. 浅野 海彦

3者とも濃い個性を持つライダーによるバトルとなり、それぞれの独自ワールドが展開された。 どんな物でも使いこなす粋なトライを魅せた高尾昂に対し、持ち得るトリックを高いレベルでまとめるだけでなく鳥肌物のビッグトリックをメンピタで決めてくる浅野海彦ら両者は、相反するスタイルの持ち主たち。
結果的に、ノビノビと会場の隅々にまでスタイルを行き渡らせた比嘉勝太が、決勝へ進出することになったが、三者三様の高次元ライディングが展開され、観客にとっても印象的なバトルになったのではないだろうか。

松本 謙 vs. 村田 怜人 vs. 南 悠麻 vs. 比嘉 勝太

客位置から1m弱下に位置するBMXストリートのコース。
これにより獣や剣闘士の戦う闘技場のような雰囲気が自ずと出来上がったREAL TOUGHNESS SHONANは、奇しくもチームメイトどうしの決勝となった。
互いの手の内を知る物どうしだからこそ、臆すること無く全てを発揮できたと感じた決勝でもあった。
気温湿度ともに高く集中力を欠いてしまえばケガにも繋がる7分間。ジャッジや観客の不安を他所に、4名ともフィジカル面での不安をみじんも感じさせることは無く、むしろヒートアップする彼等に、観る者が我を忘れさせられた時間となった。
落差のあるスタート台からの大きな360を松本謙が決めれば、カーブボックスでは逆サイドのフィーブルから抜けの難しいハード180アウトを村田怜人がクリーンヒット。
比嘉勝太は、本人も最も気持ちがよかったと談する、カーブボックスでのマニュアルアップからのノーズウィリーは芸術的な完成度となり、転倒の多かった南悠麻をさらに焦らすことになった。
コースレイアウト上、直線上の動きとなるREAL TOUGHNESSのBMXストリートでは、抜きに出たトリック、さらには個性の光るルーティンもジャッジと観客を引きつけるファクターとなった。