BURTON RAIL DAYS イベントレポート

BURTON RAIL DAYS イベントレポート

2015年11月14日(土)、今年で5年目となる世界最大級のストリートスノーボードイベントコンテスト、BURTON RAIL DAYS presented by MINIが六本木ヒルズアリーナにて開催されました。今年は世界屈指のプロスノーボーダー18名を召集。高さ8.5m、全長34.2mの巨大特設コースに100トン以上もの雪を敷き詰めたストリートスノーボードコースを舞台に大会が行われました。


日本からは阿部祐麻、高橋龍正、角野友基ら3名が出場。海外からはダーシー・シャープ、アレックス・アンドリュース、ザック・アラー、セバスチャン・トータントなど実力者が参戦。当日は5千人以上もの観客が訪れ、声援が響き渡る会場で世界トッププロ達の熱き戦いが繰り広げられました。雨が降りしきる会場にも関わらず、雪・音楽・アート・スノーボードをミックスしたストリートカルチャーイベントに六本木を訪れた多くの人が魅了され、大歓声の中大会は終了致しました。


そして優勝を勝ち取ったのは、カナダ出身のダーシー・シャープ、惜しくも2位はアメリカ出身のアレックス・アンドリュース、3位はザック・アラーとなりました。


 

また大会当日は、G-SHOCK契約アスリートでもあるプロスノーボーダー平岡卓選手に登壇して頂き、新製品発表会を実施。今回で第二弾目となるBURTONとのタイアップコラボモデルGW-9400BTJ-8JRを発表しました。高い操作性とトリプルセンサー(高度・方位・気圧/温度)を搭載した「RANGEMAN(GW-9400)」をベースに、バンドにはスノーカモフラージュするなど雄大な大自然の雪山を表現したウィンタースポーツに最適なモデルです。


商品詳細はこちらでチェック
http://g-shock.jp/special/burton/