RIP SLYME
"CHRISTMAS ON THE BEACH"
Powered by G-SHOCK/BABY-G

RIP SLYME "CHRISTMAS ON THE BEACH" Powered by G-SHOCK/BABY-G

RIP SLYMEが昨年12月24日、東京・Zepp Tokyoにてクリスマスライブ「RIP SLYME "CHRISTMAS ON THE BEACH" Powered by G-SHOCK/BABY-G」を開催した。

毎年趣向を凝らして実施されているRIP SLYMEのクリスマスライブ。今年はG-SHOCKとBABY-Gがサポートに入り、「真冬に真夏」をテーマに、開演前のBGMは波の音、ステージにはパームツリーやポリネシアンダンスショーのような 炎、場内には甘いサンオイルの香りを漂わせ、出演者もスタッフもアロハシャツ着用という南国ムード満載の演出で行われた。

開演時刻になって 舞台の幕の前に登場したのは、お笑いコンビのデニス。植野行雄は「僕が芸人になる前、10年ぐらい前からリップの皆さんと仲良くさせていただいていて…… まあ言ってしまえば癒着です!」と出演の経緯を明かし、前説代わりのトークで場を温める。そこへSUも加わり、3人でオーディエンスとコール&レスポンスの練習をしてライブをスタートさせた。

今回はセットリストもサマーチューンの連発。RYO-Zの「真冬に真夏のクリスマス! 一緒に踊ってくれますか!?」という言葉を皮切りに、リップはまず「UNDER THE SUN」「真夏のWOW」「Watch out!」の3曲を届ける。パフォーマンスを終えた5人が水分補給しようとステージ上手に設置されたバーカウンター(BAR G-SHOCK)に向かうと、カウンターの中にはデニスの2人が。ここではリップに若手時代の元気のよさを思い出してほしいという植野のお願いから、7人で“全力ゲーム”大会をやることに。あっち向いてホイやジェスチャーゲームを大声かつオーバーアクションで行い、リップは序盤から思わぬ体力を消費。次に「ジャングルフィーバー」と、ダンスリミックスで様変わりした「楽園ベイベー」を披露したあと、再び水分補給でバーカウンターに向かうと、今度はキヨサク(MONGOL800)がウクレレ片手に登場し、フロアから大きな歓声が沸く。

その後、ライブはラストスパートに突入。「太陽とビキニ」では20名の水着ギャルがポンポンを持って参加し、ステージを明るく盛り上げる。続く「熱帯夜」ではデニスもダンスに加わり、「JOINT」で会場の熱気がピークに達したところで本編が終了した。

G-SHOCKの2014年はTOKYO FM系ラジオ番組「SHOCK THE RADIO」のメインパーソナリティから7月のイベント「真夏のWOW!」そして、年末のイベントまでRIP SLYMEとともに駆け抜けた一年であった。


RIP SLYME「RIP SLYME "CHRISTMAS ON THE BEACH" Powered by G-SHOCK/BABY-G」
2014年12月24日 Zepp Tokyo セットリスト


  • UNDER THE SUN
  • 真夏のWOW
  • Watch out!
  • HOTTER THAN JULY
  • SPLASH
  • ジャングルフィーバー
  • 楽園ベイベー

MCコーナー

  • 真夏の果実(オリジナル:サザンオールスターズ) / SU
  • お嫁においで(オリジナル:加山雄三) / RYO-Z
  • La Bamba(オリジナル:リッチー・ヴァレンス) / ILMARI
  • 夏の日の1933(オリジナル:class) / デニス
  • あなたに(オリジナル:MONGOL800) / RIP SLYME、キヨサク、デニス
  • Island(withキヨサク)
  • (I Could Have)Danced All Night
  • 花火
  • 太陽とビキニ
  • 熱帯夜
  • JOINT

<アンコール>

  • 星に願いを
  • Supreme
  • Present