PERUGIA CUP 2014
Powered by G-SHOCK
イベントリポート

PERUGIA CUP 2014 Powered by G-SHOCK イベントリポート

BMXのパークライド日本一決定戦と銘打つ「ペルージャカップ2014 Powered by G-SHOCK」が10月11日、東京・北千住のムラサキパークトウキョウで開催された。今回で4 年目の開催。スケートパークを使用したコンテストとしては国内最大規模で、北海道から沖縄まで全国から多くのライダーが集まるイベントだ。今回はさらにア メリカやオーストラリアから外国人ライダーもエントリーしており、国際的な大会として進化をとげている。

楽しみ具合もジャッジ対象 年に一度の「BMXのお祭り」

コンテスト形式は、各ライダーが2回ずつ走行し、その合計得点で競う国際的にもスタンダードな方法。技の難易度や完成度が競われるが、そのジャッジ内容に「楽しんでライディングしている事」という項目も含まれているのが、お祭り好きな下町ライダーによって運営されているペルージャカップらしいところ。

さて、そんなメインコンテストの様子だが、実は今回の大会に向けてムラサキパークトウキョウのレイアウトが大きく変更され、パーク内の両サイドをクォーターランプで挟み、間にジャンプボックスや大きなバンクなどが並ぶ縦長の配置となった。このレイアウトだと走行ラインの自由度は少ないのだが、アールを乗りこなしジャンプ技で魅せるパークライダーにとっては乗りやすく有利な配置になったと言える。そんな予想通り、決勝に進んだのはジャンプ技を多用するスタイルの、パークライドを得意とするライダー達。3連覇中のディフェンディングチャンピオン高木聖雄を筆頭に、優勝候補が順当に勝ち進んでいった。中でも、アメリカやオーストラリアの巨大なパークで日常的にライディングしている海外ライダー達のレベルが非常に高く、まさにビデオでしか見たことがないような難易度の高いトリックを次々と繰り広げ、観客の度肝を抜いた。

ジェイク・レイバが初優勝

コンテスト決勝戦は、15人のライダーにより争われた。大きな舞台で意気込みすぎてしまうのか、ミスをしてしまうライダーも出るなか、飛び抜けて完成度の高いライディングを決めたのはアメリカから参戦したジェイク・レイバだった。善戦した高木聖雄はわずかに得点が及ばず、2位でフィニッシュした。

360度回転しながらフレームを回す「360テイルウィップ」を決めるジェイク・レイバ。非常に難易度の高い複合技をいともたやすくやってのける

優勝したジェイクは「ペルージャカップに来るのがとても楽しみだった。大会で優勝できたことはとてもうれしいし、会場にいた全員でこの素晴らしい 時間を一緒に過ごせたのが何より良かった。すべてのスポンサーと、今回の旅で出会ったすべての人に感謝している。また来年会おう!」とコメントを残した。