GPS HYBRID
WAVE CEPTER MODEL
PRESS CONFERENCE IN TOKYO

GPSハイブリッド電波ソーラーG-SHOCKの新製品発表会を開催

6月25日(水)、東京・恵比寿のact*squareにて「G-SHOCK GPSハイブリッド電波ソーラーモデル」の発表会を開催、テレビ、新聞、雑誌など102メディア・168人が取材に訪れた。

発表したのは、GPS電波受信機能と世界6局の標準電波受信機能によるハイブリッドの時刻取得システムを搭載した世界初※1の腕時計「G-SHOCK GPW-1000」。“グローバルタフネス”を開発コンセプトに、世界中のいかなる場所、あらゆる苛酷な環境下でも正確な時間を刻み続けるタフな時計として、持てる技術の全てを注ぎ込んで開発した。

針を駆動するモーターを小型化し、ハイブリッドの時刻取得システムを実装するスペースを確保。さらに、低消費電力のGPS受信用 LSIと、高効率で発電する新形状のソーラーセルを採用し、消費電力の効率化を図った。

発表会の後半には、G-SHOCKが提供するTOKYO FM系ラジオ番組「SHOCK THE RADIO」の公開収録を行った。パーソナリティーを務めるRIP SLYMEのRYO-ZさんとILMALIさんに加え、ゲストには俳優の浅野忠信さんが登場。

浅野さんは海外ロケでの過酷な体験に触れながら、「GPW-1000のような時計があれば、世界のどこで撮影していても安心」と新製品への期待を語ってくれた。

GPW-1000は、7月26日(土)発売予定。

※1: 2014年6月25日時点、カシオ調べ