PEOPLEレ・ツインズ / ダンサー LES TWINS

I believe that evolution starts
         from people nearby you.

「エボリューションは身近にいる人から始まると思う。」―レ・ツインズ

——プロフィールを教えてください。

Larry 僕はラリー・ブルジョア。

Laurent 僕はロラン・ブルジョア。僕たちは双子でパリの出身なんだ。ここが僕たちの故郷だよ。Les Twinsという名前でダンサーでありコメディアンとして活動している。9人兄弟がいて、ぼくらが一番下さ。

——いつダンスを始めたの?

Larry プロとして始めたのは、11歳か12歳の時かな。僕がまだ学校に行っていたから、兄は僕よりも早く始めていたけどね。

Laurent 僕らの母はあんまりダンスをする事をうれしく思っていなかったんだ。というのも学校から呼び出されたりしていたからね。だから、ダンスで少しお金を稼いで、弟や母に自分達がやりたい事を実現出来るんだって事を証明したかったんだ。ダンスでお金を稼ぐ事はとても難しいからね。その時から今まで僕たちはLes Twinsだよ。

——ダンスのどんなところが好き?

Laurent そもそもダンスをしないということができないね。

Larry うん、病気になっちゃう。 

Laurent いや、本当だよ。もしも1日でもダンスをしない日があったら病気になるね。少しでも動いて何かしなきゃ。今までに長いヴァケーションをとったことは無いけど、仮に休みを取ったとしても結局どこにいてもダンスをするはずだから、「何故ヴァケーションをとってるんだ?」ってなると思うよ(笑)。

Larry うん、人生そのものだから。

Laurent うん、そうだね。人生がダンス。

——日本でもツアーをするんですよね?

Laurent この夏は東京で2回ツアーをした。ダンスイベントのゲストやTV出演で。

Larry 日本は大好きだし、特に大坂、あと東京と広島も大好きだよ。

——30周年を迎えるG-SHOCKはタフさがコンセプトですが、あなたたちにとって、タフとはどうゆう意味ですか?

Larry 凄くすばらしい事だと思うよ。最近あったダンスの大会で僕は時計を壊しそうになったんだよ。でもそういう事は珍しい事じゃないから、いつも予備をバッグに入れてるんだ。一本壊してももう一本あるから大丈夫ってね。だけどG-SHOCKなら大丈夫だろうね。

——今回のマガジンはEvolution(進化)がテーマですが、あなた達のダンスにとってのEvolutionとはなんですか?

Laurent エボリューション、Les Twins、ダンシング、コメディ…僕が思うに、エボリューションは僕らの身近にいる人から始まると思う。例えば、僕がいい人達に囲まれていたら、僕たちもエボリューションについて考えることが出来ると思うんだ。私的な意味でのエボリューションで言えば、母親や兄弟、そう家族だね。楽しくダンス出来るし、アイデアだって出てくる。それは自然な事だし、だからこそ僕にとってエボリューションだと思うんだ。だから、僕はいつも周りにいる人の事を考えるんだ。

——アニメや漫画からインスパイアされてるって言ってましたよね。

Laurent そうそう! 確かに。ダンスとしてのエボリューションとしたらそうだね。ナルトはいつも観ていたよ。例えばシーンの中で、すごく早い車が道を走っていて、人がぶつかりそうになった時のリアクションだったりとかね。ああ、こんな風にもできるなってインスパイアされるんだ。

——どのアニメが一番すきなの?

Laurent ナルトかな。忍者が戦う話だけど、ストーリーもすごく良いしね。

Larry 僕が一番好きなのはLes Twinsの漫画かな(笑)。coming soonだよ。

——ファンへのメッセージをください

Laurent 成長して、爆発して、スターになれ。僕にとって日本人はみんなアーティストだと思う。今までに見た事もないような、すごく美しいものをたくさん見たし、それはすごく信じがたい事だったし最高だった。自分自身も含めて、人は人から学ぶべきだ。とりあえず言える事は、すごく努力して、不運だと思うならそれを変えろ。とりあえず努力だよ。

Larry 日本のヒップホップのダンスシーンについてだけど、以前はみんな同じスタイルに見えたんだ。ダンスを見ると日本のスタイルだってすぐにわかるんだ。「君、日本から来たでしょ?」ってね(笑)。でも、最近は誰が影響を与えたのか分からないけど少し変わってきたと思う。僕はもっともっと変わっていくダンスが見たいね。

一卵性双生児であるLarryとLaurentによる2人組。現在23歳。幼少期からダンスを始め、世界各地のストリートダンス大会で名を馳せ、シルク・ド・ソレイユ「マイケル・ジャクソン・イモータル・ツアー」(2011年)のメインアクトに抜擢される。ビヨンセのツアーにも参加している。また長身を生かし、ゴルチエのコレクション、ベネトンやH&Mのキャンペーンモデル、Jay-Z.のファッションブランド<ROCAWEAR>や帽子ブランド<NEW ERA>のバイラル・ムービーにも出演するなど、その活動は多岐に渡る。